欧州諸国に衝撃を与えた日本初の高級車であるセルシオ

トヨタではセルシオという車を販売しているのですが、それは車業界に対しては大きな衝撃を与えたと言われています。特に高級車に対しては、その車の登場はかなり大きかったようですね。余りにもその車のクオリティーが高かったからです。

 

世界の高級車を大きく揺らしたセルシオ

 

そもそもその車種が登場する前までは、日本の車は高級車とは見なされていなかったのですね。どちらかというと、大衆の方々向けというイメージが強かったようです。
というのもその車が登場する1,989年までは、主に他の国の車の独占状態になっていたのだそうです。アメリカなどは高級車を幾つも販売していて、自動車のマーケットでそれが多く出回っていたのですね。キャデラックなどの車は、誰しも名前を聞いた事があるでしょう。

 

またアメリカだけでなく、ドイツの車なども高級車として台頭していました。いわゆるベンツなどの車ですね。
それに対して日本の車の場合は、高級車というよりも大衆の方々向けだったので、世界の高級車市場に入り込む余地がなかったと言われています。
ところがある時に、前述のトヨタが新たな車を開発したのです。それがセルシオだったのです。
参照先:セルシオの買取・下取りで損をしないテクニック

 

トヨタ社では、日本による高級車を開発するために色々なデータ調査などを行ったそうです。その結果、2つの点を重視するのが良いと考えました。
まず1つ目は、車の静粛性です。できるだけ車の内部が静かになっているのが、好ましいと考えました。
もう1つは、車の快適性なのですね。長い時間車の運転をしていても、ドライバーの方々が疲れないように設計するのが大切だと考えたのです。
そして、1,989年に初代のセルシオが販売されました。その車種は、アメリカでは相当売れたようですね。アメリカの方々の多くがその車を欲しがり、他のメーカーの車を圧倒するような状況になったのだそうです。前述のメルセデスベンツなども、トヨタのセルシオには圧倒されたようですね。

 

その理由は、もちろんセルシオの静粛性と車の操作の快適性です。トヨタの計算通りになった事により、他の車のメーカーとしても新たな高級車を開発せざるを得なくなったのだそうです。ですので日本の高級車としては、かなりのインパクトがあったと言えるでしょう。
そして世界も圧倒したのですから、もちろん日本国内の車業界でもかなり高く評価されたと言われています。やはりセルシオの車のスペックが、その評価につながったのでしょう。
それはある意味、セルシオの車の魅力の1つですね。世界から高く評価された日本初の高級車に乗ってみたいと思うのであれば、それを購入する事を検討してみると良いでしょう。